ネコ対策は地域で行う必要がある - ネコ対策として有効な方法

ネコ対策は地域で行う必要がある

subpage01

空前のペットブームの陰で、虐待を受けている動物がいます。



それが猫です。ペットとして大切に飼われる猫もいれば、野良猫としてうまれ地域の厄介者になっている猫もいるのは事実です。

糞や尿を敷地の中にされてしまったために、地域の嫌われ者になっているケースも決して珍しくないです。

さらには猫の繁殖力というのはかなり高いので雄雌1匹ずついたとしたら半年後にはその3倍くらいの数になっているというケースも珍しくはないです。そのため、多くの猫が地域で野良猫になってしまって鳴き声の問題や糞尿の問題をひき起こすことになるのです。ただネコ対策というのは、個人の力ではどうにもなりません。
自分の家の敷地に入るのが嫌だからと、家の周辺に入らないようにしたとしても、別の家に入っていくだけで地域としてのネコ対策にはなりません。



毒をまいて殺すなどが、もってのほかです。

そのために、ネコ対策は地域で去勢や避妊をして数を増やさないようにしたり、地域で限られた猫を管理していったり、保護ネコとして保護する活動をするなどしていく必要があります。

とても地道な活動かもしれませんが、地道にやっていくことで数の管理をしていくことで、地域から野良猫を排除していくことにもつながります。



野良猫だから自分には関係ないということでなく、地域で解決をしていくことがとても重要なことです。


そのような地元の活動が盛んになれば地域のつながりが濃くなるというメリットもあります。